年間売上を集計する

新しい年の始まりに、昨年度のデータを集計し、今年の目標を立ててみましょう。

昨年度の売上をグラフで表す

「受講」アプリの「入金額」を取り出します。テトコトップページ>「受講情報:今年の月別現金売上グラフ」をクリック
*予め条件がプリセットしてあるので簡単です。

「受講情報:今年の月別売上グラフ(受領日ベース)」をクリック

「受講情報」アプリの集計が表示されます。グラフのマークをクリック

グラフの種類や集計方法、様々な条件を設定することができます。

今回は昨年度の売上を出しますので、プリセットされた項目の中で条件の部分だけ変更します。

例「受領日:2018年1月1日以降2018年12月31日以前」という設定を図のように設定します。

プラスボタンで条件を追加できます。

受領日:2018年1月1日以降2018年12月31日以前の設定

*受講情報>入金が集計されます。

設定が完了したら右下の適用ボタンをクリック。

グラフが完成しました。

「表」で表し、金額も見てみましょう。

クーポン販売ベースの売上

同じくテトコトップページの「クーポン販売:今年のクーポン販売売上グラフ」から同様にします。(こちらは「クーポン販売」アプリが立ち上がります。)
テトコはkintoneベースなのでテータ集計機能が充実しています。せっかくためたデータですから集計して活用していきましょう。

>これを参考の出したいデータをグラフ化してみてくださいね。

記事を書いた人

松本美佐
松本美佐
お菓子教室&コミュニティ「ミサリングファクトリー」主宰。2007年開業の全クラス満席、キャンセル待ちの人気教室。好きなことは山登り、温泉、旅行、焚き火好き。アウトドア派と思われがちな完全インドア派。漫画、アニメ、読書はもっぱらハイファンタジー。
将来の夢は流しのお菓子教室をやりながら旅をすることだったけど、最近は絵描きになりたい。。

★大人だって日々チャレンジ「教室経営本当の話(旧オトナチャレンジ)」更新中★

オンライン個別相談

教室業、サロン、小売店など小さな事業をされている方、これから起業したい方、目安として年商500万円以下の小さな事業の相談をお受けしています。