小さな教室を長く続けるための経営方法とITの使い方

2020年のコロナウイルスの影響により、大きく社会が変化しました。教室業も多分にもれず、多くの教室が対応を迫られ、それが現在(2021年5月)も続いています。このような状況の中でも、今までと変わらずに続けている教室や今までと違う方法で新しい生徒さんを集めている教室があります。
では、選ばれている教室とはどんな教室でしょうか。今後も教室を続けていくにはどうしたらよいのでしょうか。

「2021年版教室業のレシピ」ワークブックでは、個人教室の先生が時代の変化に対応してくための経営の考え方、そして、今後も避けて通れないITの使い方についてをお伝えします。

ワークブックを最後までお読みいただきアンケートにご回答された方には、教室経営に役立つ2つのプレゼントをお渡しします。
1 個人教室のための事業計画書テンプレート
2 無料相談30分

*ご登録の方にはリトルヘルプからのメールマガジンをお届けします。内容は「教室経営情報(担当:松本)」「ウェブQ&A(担当:もち月)」です。配信解除はいつでも行えます。
プライバシーポリシーをご確認の上お申し込みください。