ホームページからの集客に悩む人がやりがちなこと

自分で作成するホームページといえば、JimdoやWix、WordPress(ワードプレス)と3択のような感じだったけれど、ここ数年でサービスが増えました。しかも、ちょっとがんばるだけでプロみたいな見た目で仕上げることができるようになっててすごいですよね。

制作会社に依頼する前に、自分で作ってみるってすごく勉強になるし後で依頼するときに丸投げにならなくていいと思います。ただ、ちょっと注意が必要。

追う数字が間違ってる

単なる「見た目」はそれなりに出来上がっても、ホームページがちゃんと仕事してるかの方が100万倍大事なこと。自分でがんばって作るのはいいけれど、がんばった分だけ客観性に欠けるというデメリットがつきものです。

人は自分が可愛いものなので、「こんなにがんばったんだから良いに決まってる」ってやっぱり思っちゃうものなんですよ。まあ、一言でいうと自己満足って言うんだけどもw

願わくば集客に繋げるホームページにしたい、というより断然そうした方が良いわけですが、みんなアクセス数ばかり気にしすぎです。その先のアクション、問い合わせや申し込み、メルマガ登録など、そのホームページで「してほしいこと」にどれくらい繋がったかという方の数字を追うことが大事。

自分を客観的に見るってほぼムリゲー

「がんばりました!アドバイスしてください!」ってキラッキラな瞳で言われて拝見するホームページほどツッコミどころが満載だったりしてキラッキラな瞳に言いにくい・・・という経験が何度かあるのですが、聞くと「お客様目線で作ったつもり」というお答え。

先に「問い合わせや申し込み、メルマガ登録など、そのホームページで「してほしいこと」にどれくらい繋がったかという方の数字を追うことが大事。」と言いましたが、そのために訪問者の「動き(動線)」を想定して作成するのが重要です。ホームページ制作の基本ですね。

その方法として「お客さまの目線で自分のサイトを見る」というのをよく聞きますが、最近私はそれはあまり意味がないんじゃないかと思ってまして。というか、自分のことを客観的に見るってかなり高度なスキルじゃないかなと思ってます。ほぼムリゲーではw

ではどうすればいいか?

自分がどこかのホームページからアクションを起こした時のことを思い出してみること。問い合わせてみよう、申し込んでみようと決断したきっかけや、そのページまでたどり着いた経緯を細かく追ってみてほしいのです。SNSでたまたま見たのか、〇〇というキーワードで検索したらブログが出てきたのか。

この自分の体験をお客様にもやってもらうにはどうするか?という観点で見ると具体的な対策が立てられます。逆に、「これはわかりにくいな」というのも見つかるはずなので(世の中に完璧はあり得ない)、そこもチェックポイントです。

人様のホームページからありがたくヒントをいただくのです。(パクリはダメ、ゼッタイ)

この際自分の好みとか無視

それから、とても大事なことなんですけど、色、画像などのデザインを自分好みにするのはおすすめできません、というよりやめましょう。特に「自分らしく」とかそーいうものは一旦無視しましょう。それはデザインで落とし込むのではなく(そもそもそれってプロの仕事で超難しい)、ブログやSNSで表現するのが効果的と思ってます。

ブログやSNSでも、場合によっては「素の自分らしさ」よりも「経営者としての自分らしさ」が必要な場合もありますが、これはブランディングの話になるので今度また。

とにかく自分好みではなくお客様好みです。そう、ここは「お客様目線」ですね。そのためにも日頃から自分のお客様のことを考えて研究に励んでくださいませ。

自分が気に入らないとか、自分の好みじゃないとか、そういうことは一切無視です。想像力が必要です​。

 

集客に繋がるホームページ作り、皆様のご健闘を祈ります!

コラムを書いた人

もち月りえ
もち月りえリトルヘルプ合同会社マネージャー、Webプロデューサー
東京生まれ下町育ち。趣味はテニスで観るよりプレイ派。
パンとビターチョコと苺と沖縄とぬり絵とマーケティングが好き。
ブログは辛口と言われる酒豪と見られがちな下戸です。

オンライン勉強会

小さな事業に必要なウェブやITツールの活用、集客の基礎基本をはじめ、顧客管理など事業を長く続けるための勉強会をオンラインで開催しています。