2022年もまもなく終わります。皆さんにとってはどんな年だったでしょうか。

私は去年も今年もあまり変わらないのですが、社会全体を見るとは、withコロナが定着しここ数年不安定だったいろいろへの折り合いがついて生活や仕事が安定してきた人が増えた、そんな風に思えました。コロナへの考え方が人によって大きく違うため、ギスギスしているなぁとも感じます。

考え方の相違はどうしようもないことです。相容れないことはあってもお互いが尊重しあうことでうまくコミニケーションを取っていこうという気持ちでいることが大切ですね。

個人教室は誰かの大切なサードプレイス

個人教室は比較的同じ価値観・考え方をする人が集まります。自分の考えを素直に話せる場と感じている生徒さんも多いのではないでしょうか。

私は2007年に教室を「お菓子教室&食育コミュニティ」と銘打って開業し、教室開業スクールでも「個人教室は誰かの居場所という要素も大事にして欲しい」と伝えてきました。コロナによって時代が変化した今、ますます個人教室は誰かの居場所であって欲しいと願うのです。

 

生徒さんにも自分にもたくさんの素敵な思い出を

通っていて楽しいはもちろんですが、教室をやめた後もそこで学んだ楽しい思い出は生徒さんの心に残ります。そんな風に考えると、自分が好きで始めた教室は小さいながらも社会的意義があると誇りをもって教室運営ができるようになります。

生徒さんに楽しい時間を過ごしてもらうためには?自分自身も楽しくなるためには?

いろんなアイディアを出して、できることから実行していきましょう。良いと思ったけどウケなかったなんて失敗も当然ありますが、”生徒さんのためを思って努力したこと”は消えません。

 

いつも新しいことを意識する

2022年私の教室はエアコンを取り替えたり、長年使っていたレジをデジタル化したり、教室の鍵をスマートロックにしたりとたくさんの作新をしました。(普段からいっぱいしているわけではないです。今年は特別多かった)

高校生の生徒が「ちょっと来ない間にすごい進化している」とぼそっと言ったのを聞いて心の中でガッツポーズ。高校生にそんな風に思われたら大成功。私が大事にしてるのは”変化があること”。生徒さんに進化してるという印象を与えることが教室の魅力を厚くしていくと考えています。

 

補助金をうまく活用しよう

今年、省エネ推進の補助金があったので思い切ってエアコンを取り替えました。直接集客に結びつかないものに大きなお金を使うのは勇気の要ることですよね。何年も前から古いエアコンをどうにかしたいと思っていたのですがなかなか決断ができなかったのですが、今年思い切ってできてよかったです。補助金感謝!

皆さんも導入したいもの、変えたいものがあったら補助金を調べてみてください。対象になるものが見つかるかもしれませんよ。コロナ以降補助金がたくさんありますが、これ、いつまであるかはわかりません。補助金は出会えた時がチャンスです。

 

お金をかけずにアイディアでも進化は作れる

また、大きなお金をかけなくてもできることはたくさんあります。コンテストの開催や修了証の発行、特別レッスンや食事会なども生徒さんは喜んでくれるでしょう。教室経営だってエンターテイメント。つねに生徒さんにワクワクを伝えてくださいね。
そしてせっかく始めるのだから自分自身が楽しんで、自分の好きなように事業を育てていきましょう!

 

 

2023年が皆さんにとってすばらしい1年になりますように。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

記事を書いた人

松本美佐
松本美佐
お菓子教室&コミュニティ「ミサリングファクトリー」主宰。2007年開業の全クラス満席、キャンセル待ちの人気教室。好きなことは山登り、温泉、旅行、焚き火好き。アウトドア派と思われがちな完全インドア派。漫画、アニメ、読書はもっぱらハイファンタジー。
将来の夢は流しのお菓子教室をやりながら旅をすることだったけど、最近は絵描きになりたい。。

★大人だって日々チャレンジ「教室経営本当の話(旧オトナチャレンジ)」更新中★

きょうしつの学校とは

リトルヘルプのきょうしつの学校は、現役の教室経営者とウェブコンサルタントが、一人でがんばる個人教室の先生を、経営面とIT面で全力応援しています。