長く事業を続けていてもずっと同じではいられない

例えば教室業。

良いレッスンをきちんと提供していれば安定して生徒さんが集まり続けるかといえばそんなこともない。

生徒さんはいつか卒業していくし、時代は変わっていきます。ずっと同じ方法で集客していてもかつてのように新規の生徒さんは集まりません。事業を継続するということは変化し続けなくてはいけないのです。

集客のためのホームページやSNSなども時代に合わせて変えていかなくてはいけません。新しいツールも現れるし、情報も知識も必要です。

便利になった反面、全部をひとりでやる個人事業主にとっては限界を超えつつあるのではないかと思います。

まずは、ホームページなどの営業ツール、顧客管理、経理などの庶務関係をITツールできっちり整え、そこに費やす時間やエネルギーを軽減した上で、今後どのように事業をしていったらいいか、つまり経営戦略の方にしっかり頭を使った方がよいのです。

ひとりでがんばりすぎなきこと。ツールも人もうまく頼っていきましょう。

そしてその経験をまわりの人たちにシェアしていくことで、小さな事業は強くなれるのだと思います。

コラムを書いた人

松本美佐
松本美佐リトルヘルプ代表社員
山登り、温泉、旅行、焚き火好き。アウトドア派と思われがちな完全インドア派。漫画、アニメ、読書はもっぱらハイファンタジー。
将来の夢は流しのお菓子教室をやりながら旅をすることだったけど、最近は絵描きになりたい。お菓子教室ミサリングファクトリー主宰。

★大人だって日々チャレンジ「オトナチャレンジ」更新中★