レッスン消化回数も簡単管理│ピアノ教室・ヨガ教室など


「クーポン販売」で回数消化を管理できます。

月謝は当月初回レッスン日に徴収。月のレッスン数は4回〜5回(月によって変動あり)のピアノ教室では、生徒さんのレッスン消化回数を手書きのノートでチェックしていました。テトコなら「クーポン販売」アプリを利用することできちんと把握でき、間違えや付け忘れの防止になります。

1.月謝徴収時に「クーポン販売」で当月のレッスン回数を設定


2.「受講情報」請求・入金履歴欄に”クーポン残数”として表示されます。請求・入金情報を入力します。

1)月謝を徴収したことを記録。*支払方法「現金」を選択
2)レッスン予定日を記入します。*支払方法「クーポン」を選択


3.「受講情報」の請求・入金情報にレッスン参加記録をつけることで回数が自動計算されます。

1)レッスンが終了したら受領日と使用クーポンを入力します
2)クーポン残数が自動計算されます

「生徒」アプリの方でもクーポン購入履歴・使用状況が閲覧できます。


*「全10回のコース」「チケット制でレッスンによって消化クーポン数が異なるレッスン」などの教室、認定コース、セミナーなどの運用にも便利です。

記事を書いた人

松本美佐
松本美佐
お菓子教室&コミュニティ「ミサリングファクトリー」主宰。2007年開業の全クラス満席、キャンセル待ちの人気教室。好きなことは山登り、温泉、旅行、焚き火好き。アウトドア派と思われがちな完全インドア派。漫画、アニメ、読書はもっぱらハイファンタジー。
将来の夢は流しのお菓子教室をやりながら旅をすることだったけど、最近は絵描きになりたい。。

★大人だって日々チャレンジ「教室経営本当の話(旧オトナチャレンジ)」更新中★

オンライン個別相談

教室業、サロン、小売店など小さな事業をされている方、これから起業したい方、目安として年商500万円以下の小さな事業の相談をお受けしています。