個人教室・自宅教室のウェブ集客|SEOはじめの一歩

SEOという言葉を聞いたことがあるでしょうか?SEOとは「検索エンジン最適化」のことで、検索で自分のホームページを見つけてもらうための対策の一つです。

検索画面で教室を探すときに入れる言葉(検索キーワード)をホームページやブログで使用し、自分の教室を表示されやすくする、ということですね。

自宅教室こそ検索キーワードが重要

教室を探すときに入れる検索キーワードは「地域名 〇〇教室」が圧倒的に多いです。でも、自分の教室がなかなか出てこない、出てきても2ページ目3ページ目なんてこともあります。

自宅で開業している場合はGoogleマップに自宅の場所を載せたくないなど不利な点もあり、大手教室などが上位に出て来ることも。

でも諦めないで。自宅教室でもホームページやブログの中に検索キーワードが入っていれば上位表示は可能です。

検索キーワードの見つけ方(例)

①まずは検索キーワードを調査

「地域 〇〇教室」の他に、どんなキーワードを入れているか確認します。ここでは便利なツールを使うと良いです。私が使っているのはラッコキーワード

無料ですが、利用は1日5回まで。5回以上利用したい場合はメールアドレスを登録します。

試しに「横浜 パン教室」と入れてみると、以下のような結果が表示されます。

「横浜 パン教室」以外の言葉に注目してみると、もう少し絞った地域名や天然酵母、子連れなどが入力されてますね。
右端のにあるマークをクリックすると検索結果が見れるのでどんなページが上位表示されるか確認します。

②生徒さんの心の中を想像する

実は検索している人の気持ちや考えていることは、この検索キーワードだけではわかりません。以下のようなことが隠れていると思ってください。

  • ​困っていること
  • 気になっていること
  • 比較していること
  • 期待していること
  • 避けたいこと

ここに隠れたキーワードがあります。なぜ教室を探しているのか、教室に通いたいのかと考えるとわかりやすいです。

  • アレルギーがあるから自分で作りたい
  • 毎朝焼きたてが食べたい
  • パン屋さんを始めたい

などなど。例えば「グルテンフリー」をコンセプトにしているならアレルギーがある人が見つけやすいし、こういう人が使う検索キーワードは何か?を想像しやすくなります。

③検索キーワードをストックしておく

次はいよいよキーワードを抽出です。下の図のように検索キーワードの幅を広げて候補を出しておきます。

こんなふうに絞り出した検索キーワードをストックしておきましょう。

検索キーワードを使って積極的にブログを書く

このように絞り出した検索キーワードは、早速ホームページやブログでどんどん使っていきます。

一番活用しやすいのはブログです。キーワードをテーマにどんどん書いていきましょう。タイトルにも必ずキーワードを入れるように習慣づけてください。

タイトルに関しては以下の私の記事を参考にしてみてください。

クリックして読みたくなる魅力的なブログタイトルの決め方

「ちょっとしたことだけど知りたい」ようなことはよく検索されています。教室で教えていれば、そのような「小ネタ」はあると思います。教えている先生にとっては取るに足りないことでも、それを知りたい人はいるのです。

実際に6年前に私が手掛けた自宅教室のホームページを例にすると、開設当初は決めたキーワードは少々ライバルが多かったのですが、レッスンで生徒さんからよく聞く「ちょっとしたこと」を絡めてブログをまめに更新し続けたことで、半年後にそのキーワードで検索一位を多く取れるようになり、集客につながりました。

SEOはじめの一歩<まとめ>

個人教室や自宅教室こそ検索キーワードは重要で、そのキーワードをホームページやブログに活用しようとお伝えしました。絞り出した検索キーワードは、SEO以外にチラシ作成などアナログなマーケティングにも使えます。

実際の生徒さんの声も併せてストックしておきましょう。

こちらの記事もあわせてどうぞ。

個人教室・自宅教室のブログ術|検索一位だけが正解ではない

記事を書いた人

もち月りえ
もち月りえリトルヘルプ合同会社マネージャー、Webプロデューサー
東京生まれ下町育ちの酒豪と見られがちな下戸。専業主婦からウェブの仕事を始めて10年経過。『社会に役立つ事業をウェブの力で応援する』をモットーに、女性の持つ素晴らしいスキルやコンテンツを世に送るべく活動中。
趣味テニス。スニーカー好き。