やっぱりホームページはワードプレスがいいの?

いまだにホームページといえば「ワードプレス(WordPress)」な世の中です。なのでよく聞かれます。

Q.ホームページはワードプレスがいいですか?

この質問にイエスかノーで答えることはとても難しいというか、ノーの人はいないと答えるのが正解なのかなと思います。実際、ワードプレスを使っている人はとても多いです。業種を選ばないので誰でも使えますが、自分(の教室)にはどうなのかを考えてみましょう。

A.自分に合ってれば何を使ってもOK

世の中には、ホームページ作成用のツールはたくさんあります。正直「なんでも良い」というのが正解と私は思っています。
ワードプレスを使ってみたい、知り合いが良いと言っているから使いたい、という人は多いと思います。知らないツールにチャレンジするのは良いことです。なのですが、一旦落ち着いて「自分はワードプレスを使ってホームページを管理するスキルはあるのか?」と考えてみてほしいのです。

自分で作るのは無理だけど制作費用が捻出できる、というなら外注することもできますが、だとしても自分に合っているのかどうかの判断は必要です。

例えば外注するとして、「既成のテーマを使うかコードを書くか」、「サーバーの管理はどうするのか」を確認する必要があるのですが、今これを読んで、「テーマ?」「コード?」「サーバー?」「何言ってるかわからない」という状態になっているなら、、、

現時点でワードプレスを選ぶのはキケンです。

「テーマもコードもわかる」という人は、自作でがんばるか外注するか決めて進めましょう。

ワードプレス一択ではない

ワードプレス以外でホームページを作るには、「ホームページ作成サービス」があります。ワードプレスのようにホームページの機能もブログの機能も揃っていて、初心者でも比較的簡単に作ることができるサービスです。検索するといろいろ出てきます。弊社ではクローバPAGEをおすすめしています。

前述した「サーバー」「コード」などの初心者にとって一番敷居の高いことはやらなくてよいし、基本自分の画像や文字を入れていくだけできれいにできてしまいます。

個人事業主に対してワードプレス推しの集客コンサルタントも多いのですが、それはワードプレスくらいしか良いシステムがなかった一昔前の話。私もワードプレスを勧めている時期もありました。でも、今はどんどん新しい良いサービスが出てきているのでワードプレス一択ではありません。

参考記事

初めてホームページを準備する方へ

ホームページを持つにはある程度のITスキルは必要

自分で作ることができる「ホームページ作成サービス」を選んだとしても、ドメインの取得、ドメインの設定などは自分でする必要があります。(ここでドメインもわからない泣、という方はパソコン教室に通いましょう)

ITが苦手でよくわからないという人も、マニュアルを見ながら一人でがんばってみてほしいです。今の時代は最低限のITスキルを身に付けないとコミュニケーションも難しくなってきています。
事業を続けるには必要最低限のITスキルは必須です。「初めてでもまずはやってみる」、その気持ちがあればITスキルはどんどん身につきます。

それでもどうしてもワードプレスを使いたい!なら

とはいえ、ウェブ初心者でもワードプレスを使っている人はいます。
その人が自分でホームページの情報を更新している、ブログも難なく更新しているという状態なら、どうやって使いこなせるようになったのか聞いてみるのも良いですね。

重要なのは「ホームページで何がしたいか?」「ホームページの目的は何か?」がはっきりとわかっていることです。ここが曖昧だと、ワードプレスであっても、何を使っても、たとえ外注しても、誰にも見られない、お問い合わせがない、申込みもない、何も反応のないホームページができあがってしまいます。

そうならないためにも、ワークブック購読者特典を利用してぜひ私たちに相談してください。お待ちしています。

コラムを書いた人

もち月りえ
もち月りえリトルヘルプ合同会社マネージャー、Webプロデューサー
東京生まれ下町育ち。趣味はテニスとゴルフとぬり絵と編み物。あんことマーケティング好きな酒豪と見られがちな下戸。SNSの時間はTwitterが占めている。