風と水の時代

「2020年11月中旬から土の時代から風の時代に代わるんだそうです。」八ヶ岳リトリートの旅の間に一緒に行った友人ののっくちゃんが言う。

ちょうど諏訪神社を訪ねている時だった。諏訪神社は風と水の神様、11月中旬って今じゃん。え、なにここから風の時代になるってなにそのタイミング。(*追記 のちほど12月22日のグレートコンジャンクションから風の時代になるということと知る)

土の時代とか風の時代とかなんのことかよくわからないけど、なんだか嬉しい。

(星読みのようです。この記事がわかりやすかったので紹介しておきます)
地の時代から風の時代へ。水瓶座的思考を具体的に挙げます!

土の時代はしっかりやらなくちゃ!とがんばる時代だったけど、風は自由な雰囲気。もっと軽やかにいい加減にいっていいんだ。って思うとウキウキするね。

楽しみながらやる。楽しいことをやる。

すでに随分そういう人が増えてきている。ワンオペでがんばる私達の小さな事業も根性やがんばりをアピールするのはちょっと控えて、軽やかにいこう。

その方が、結果うまくいく時代。

具体的にいうと
「売上あげなくっちゃ!!」「月商100万円!すごい!いいな」っていうモチベーションよりも、「わたしはこれをしている時がすっごく楽しい」「これやると生徒さんが喜びそうだなー」なんてことを考える。

伝えたいと思ったら(興味ないかな?)なんて考えずにどんどん言う。相談したいと思ったら、(こんなこと聞いてもいいのかな?)なんて身構えずに、なんでも聞く。誰にでも聞く。嫌だなって思ったら「それちょっと嫌な感じがする」ってちゃんと言う。

 

 

「軽くないと神様に届かないんですよ。」我が師匠から言われたのはもう5年前だったかな。

こちら、諏訪神社で師匠が撮ってくれたくれた写真。龍が私達の上にいた。

「これからみんなが龍のエネルギーとともにとても飛躍する」とのこと。

受け取ったエネルギーを、良い方向、楽しい方向に使っていきますよ。みなさんもご一緒に。

コラムを書いた人

松本美佐
松本美佐リトルヘルプ代表社員
山登り、温泉、旅行、焚き火好き。アウトドア派と思われがちな完全インドア派。漫画、アニメ、読書はもっぱらハイファンタジー。
将来の夢は流しのお菓子教室をやりながら旅をすることだったけど、最近は絵描きになりたい。お菓子教室ミサリングファクトリー主宰。

★大人だって日々チャレンジ「オトナチャレンジ」更新中★